本文へスキップ

柏駅徒歩5分。他にないリーガルサービスの提供を目指す弁護士事務所です。

法律相談電話0120-114-679
(新規ご予約専用、通話無料)

〒277-0025 千葉県柏市千代田1-2-51 エスティビル3階

契約法務SERVICES


業務内容契約法務

契約法務

 契約法務とは、企業や私人間の契約における法律問題に関する法務を広く含みますが、一般的には、契約書の作成や、既存の契約書のチェック、契約関係から生じる紛争処理を指すことが多いと思われます。
 契約書の作成やチェックは、とりわけ企業や事業者の方にとっては非常に重要な作業の一つです。 契約を締結する段階では、相手方との関係は友好的であることがほとんどであり、法務チェックは軽視されがちです。しかし、何らかの拍子で相手方との関係に亀裂が入った瞬間、解決の筋道は「契約書」の内容に委ねられることになるのです。
 契約書は、その契約が継続的なものであったり、色々な顧客との間で反復して実施される場合に特に重要になってきます(銀行や保険会社が多くの顧客に対して必ず大量で詳細な約款に同意させていることを考えれば一目瞭然です。)。
 契約法務は、いわば相手方の紛争リスクに対する「保険」のようなものです。 何かあってからではなく、その前段階で対処を講じておくことによって、普段の業務も安心して遂行することができるのではないでしょうか。

契約の種類

 現代では、実に様々な形の契約関係が存在します。
 そのうち、代表的なものは次のとおりです。

@売買契約
A金銭消費貸借契約(貸金)
B不動産などの賃貸借契約
C雇用契約(労働契約)
D請負契約
E委任契約

 このほか、民法上規定があるのは、贈与契約、組合契約、和解契約などですが、現代では、取引関係の複雑化やIT技術の進歩に伴い、実に多様な契約関係が生じています。
 たとえば、よく耳にする契約の種類に「業務委託契約」というのがありますが、民法上の典型契約としては定められておらず、その契約の解釈は、個々の契約の内容によって様々に変化きます。
 また、インターネット上での取引が頻繁に行われるようになった昨今では、インターネット上の契約についても様々な規制が設けられているほか、インターネット取引の特殊性に応じた契約上の手当てが必要不可欠となります。

 会社において継続的に契約の締結が見込まれる方、新たな事業に伴い一から契約の形を考えたい方など、当事務所へ一度ご相談ください。


バナースペース

今野・島法律事務所

〒277-0025
千葉県柏市千代田1-2-51
エスティビル3階【地図】

TEL 04-7196-7656

〈新規ご予約専用ダイヤル〉
0120-114-679

平日 9:30〜17:30
夜間・土日祝日 応相談。
お電話、又は【お問い合わせフォーム】よりご予約・お問い合わせください。
インターネット予約